普通言われる英会話の総合的な学力をつけるためにNHKラジオ英会話というプログラムでは、題材に合わせた対話方式でスピーキングの力、加えて海外ニュースや、歌などの素材を使うことにより聞き取れる力が手に入るのです。 海外の人も話をしに集ってくるいわゆる英会話Cafeは、英語を勉強中だけれども会話をする機会がない方と、英会話ができる所を欲している方が一緒になって会話を心から楽しめます。 英語を読む訓練と単語の習得、両方ともの勉強を併せてやるような適当なことはしないで、単語を暗記するなら単語のみを勢いよく覚えてしまうのがよいだろう。 海外でも有名なトトロや千と千尋の神隠しなどの日本アニメの英語版のバリエーションを観たら、国内版との感じの相違点を体感することができて、魅力に感じるかもしれません。 Youtubeなどの動画や、WEB上の辞書ソフトとかtwitterやfacebookなどのSNSや、外国に行かなくても気軽に『英語シャワー』を浴び続ける環境ができるし、すばらしく有益に英語の教養を得られます。 別のことをやりながら英語に耳を傾けることも役立ちますが、1日20分でも構わないので完全に聞き取るようにして、話す練習や英文法を勉強することは充分に聞き取ることをやってからにしましょう。 何のためにあなたは、英語でいうところの「Get up」や「Sit down」の発音を、二語を離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」といったように発音しがちなのか?こういった場合の発音は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきなのだ。 おしなべて英会話というものを習い覚えるためには、アメリカや歴史のあるイギリス、オーストラリア圏などの生まれつき英語を話している人や、英語自体を多く発語している人と会話を多くすることです。 結局のところ英会話において、リスニング(ヒアリング)の力と会話ができる事は、まったく特別な状況に限定されたものではなく、あらゆる会話をまかなえるものであるべきだと言えます。 それなりに英語力がある方には、ひとまず海外ドラマ等を、英語音声と英語字幕を使って視聴することをよくご提案しています。英語の音声と字幕を併用することで、どのようなことを相手が話しているのか全て把握できるようにすることが重要なのです。 何度となくスピーキングの練習を実践します。そういう時には、抑揚やリズムに気を付けて聴くようにして、従順に似せるように実践することが大切なのです。 英語をぺらぺら話せる人に近道(努力しないでという訳ではありません)を指導してもらうことができるなら、早々に効率よく英語のスキルを伸ばすことができることでしょう。 いわゆるヒアリングマラソンというのは、ヒアリングそのものだけでなく、相手が読んだ内容を終わる前に話すシャドウイング、聞いた文章をそのまま書き写すディクテーション等の勉強の際にも利用可能なため、種々合わせながら学んでいく事を進言します。 知人のケースではある英単語学習ソフトを用いて、約2年程度の勉強だけでアメリカの大学院入試程度の語彙力を体得することが実現できたのです。 効果的な英語の勉強をするとしたら、①とにかくとにかくヒアリングする機会を持つこと、②考え方を日本語から英語に切り替えて考える、③学んだことを心に刻んでキープすることが大事になってきます。